戸籍とは

そもそも戸籍ってなんのためにあるの?

戸籍は、本人であるという証明や、親族関係、婚姻関係を明らかにする目的があります。戸籍があることで、相続手続きの際に誰が相続人なのかを確定できたり、パスポート作成時に本人であることの証明ができます。ここでは、戸籍には何が記載されているのか、また、どこに戸籍があるのについて解説いたします。

戸籍の記載事項

戸籍は、戸籍法という法律で記載すべき事項が定められております。

戸籍法第十三条 戸籍には、本籍の外、戸籍内の各人について、左の事項を記載しなければならない。

一 氏名

二 出生の年月日

三 戸籍に入つた原因及び年月日

四 実父母の氏名及び実父母との続柄

五 養子であるときは、養親の氏名及び養親との続柄

六 夫婦については、夫又は妻である旨

七 他の戸籍から入つた者について、その戸籍の表示

八 その他法務省令で定める事項

このように、戸籍にはその人の生年月日から親族関係や婚姻関係までわかる事項が記載されており、プライバシーのかたまりとも言えます。他人が戸籍を簡単に請求することができないのはこのためです。戸籍を請求できるのは、本人や、正当な理由があるもの、法的関係者に限られています。

戸籍どこにあるのか

戸籍は本籍地の市町村区の役場にあり、戸籍を担当する窓口に請求することになります。直接窓口に行って請求する方法と、郵送で請求する方法があります。また、新たに戸籍を作る場合は、本籍地か所在地に届け出ることで作成されます。新たに戸籍をつくるタイミングとしては、婚姻によって親の戸籍から出て夫婦の戸籍を作る場合がほとんどです。

未分類

Posted by 884mstk