戸籍の種類・用語

戸籍謄本の他にも、戸籍抄本や除籍謄本などもあってよくわからない。

戸籍には戸籍謄本や戸籍抄本、除籍謄本など似たような言葉が多く、混同してしまうかと思います。ここでは戸籍の種類や用語などを整理し、まとめております。相続などで戸籍を集める際に、戸籍の種類や用語を全て覚えたり理解する必要はありませんが、ある程度わかった上で集め始めるとスムーズに行えると思います。


戸籍謄本

戸籍謄本とは、戸籍簿から戸籍に載っている全員の記載事項を写したもの(コピー)です。戸籍簿は本籍地の市町村区が原本を管理し、副本を管轄法務局が管理していますので一般的に実物を見ることはありません。また、これは電子化される前の名称で、電子化後には戸籍全部事項証明書という名称になります。

戸籍抄本

戸籍抄本とは、戸籍簿から戸籍に載っている特定の個人の記載事項だけを写したもの(コピー)です。戸籍簿は本籍地の市町村区が原本を管理し、副本を管轄法務局が管理していますので一般的に実物を見ることはありません。また、これは電子化される前の名称で、電子化後には戸籍一部事項証明書(戸籍個人事項証明書)という名称になります。

・戸籍全部事項証明書

戸籍全部事項証明書とは、戸籍簿から戸籍に載っている全員の記載事項を写したもの(コピー)です。戸籍簿は本籍地の市町村区が原本を管理し、副本を管轄法務局が管理していますので一般的に実物を見ることはありません。また、これは電子化された後の名称で、電子化前は戸籍謄本という名称になります。

・戸籍一部事項証明書(戸籍個人事項証明書)

戸籍一部事項証明書(戸籍個人事項証明書)とは、戸籍簿から戸籍に載っている特定の個人の記載事項だけを写したもの(コピー)です。戸籍簿は本籍地の市町村区が原本を管理し、副本を管轄法務局が管理していますので一般的に実物を見ることはありません。また、これは電子化された後の名称で、電子化前は戸籍抄本という名称になります。

・除籍謄本

除籍謄本とは、除籍簿から除籍された全員の記載事項を写したもの(コピー)です。除籍とは戸籍に載っていた人が死亡や婚姻などにより戸籍からいなくなることを言います。そして、戸籍に誰もいなくなると、戸籍は空になり除籍簿として保存されます。また、これは電子化される前の名称で、電子化後には除籍全部事項証明書という名称になります。

・除籍抄本

除籍抄本とは、除籍簿から除籍された特定の個人の記載事項を写したもの(コピー)です。除籍とは戸籍に載っていた人が死亡や婚姻などにより戸籍からいなくなることを言います。そして、戸籍に誰もいなくなると、戸籍は空になり除籍簿として保存されます。また、これは電子化される前の名称で、電子化後には除籍一部事項証明書(除籍個人事項証明書)という名称になります。

・除籍全部事項証明書

除籍全部事項証明書とは、除籍簿から除籍された全員の記載事項を写したもの(コピー)です。除籍とは戸籍に載っていた人が死亡や婚姻などにより戸籍からいなくなることを言います。そして、戸籍に誰もいなくなると、戸籍は空になり除籍簿として保存されます。また、これは電子化された後の名称で、電子化前は除籍謄本という名称になります。

・除籍一部事項証明書(除籍個人事項証明書)

除籍一部事項証明書(除籍個人事項証明書)とは、除籍簿から除籍された特定の個人の記載事項を写したもの(コピー)です。除籍とは戸籍に載っていた人が死亡や婚姻などにより戸籍からいなくなることを言います。そして、戸籍に誰もいなくなると、戸籍は空になり除籍簿として保存されます。また、これは電子化された後の名称で、電子化前は除籍抄本という名称になります。

・戸籍簿

戸籍簿とは、同一市町村内の戸籍を、地番号および戸籍筆頭者の五十音の順につづった帳簿です。戸籍簿は戸籍が作られた後、本籍地の市町村区が原本を管理し、副本を管轄法務局が管理していますので一般的に実物を見ることはありません。相続などで必要になった際にその戸籍簿をコピーしたものが戸籍謄本や戸籍全部事項証明書などです。

除籍簿

除籍簿とは、戸籍のうち、その戸籍内の全員が死亡や失踪宣告、婚姻、離婚、養子縁組、分籍、転籍などによって除かれたものについて、戸籍簿から除いて別に綴ったものです。つまり、戸籍に誰もいなくなると除籍簿として本籍地の市町村区で保存されます。相続などで必要になった際にその除籍簿をコピーしたものが除籍謄本や除籍全部事項証明書などです。

・改製原戸籍

改製原戸籍とは、法改正により新基準の戸籍に作り替えられた戸籍を言います。戸籍は法改正によりひな型や記載方法、電子化などに変わりました。最新の改製は平成6年の法改正によるものです。

・戸籍

戸籍とは、日本人という身分の証明をし、出生から死亡までの親子関係や夫婦関係などの身分関係を記載した公の書類です

・除籍

除籍とは、死亡や婚姻などにより戸籍から出ることを言います。その戸籍の全員が戸籍から出ると、戸籍は除籍簿として保存されます。

・附票

附票とは、戸籍に載っている本人の住所の移り変わりを記録したものです。

・分籍

分籍とは、戸籍の筆頭者とその配偶者以外で成年に達している方が、現在の戸籍を抜けて新しい戸籍を作り、自らが戸籍筆頭者となることです。

・転籍

転籍とは、本籍を移すことです。

・復籍

復籍とは、婚姻などで他の戸籍に入った者が、離婚などによって、もとの戸籍にかえることです。

未分類

Posted by 884mstk